全身脱毛の痛みの大きさが気になる

MENU

全身脱毛の痛みの大きさが気になる

痛むのが嫌で全身脱毛がやれない人はいらっしゃいませんか。具体的にどう感じて、自分が受けたら果たして平気でいられるかが一番の懸念事です。

 

同痛みでも、全く平気な人もおれば、駄目で耐えられない人もいますが、その差は脇に寄せて考えぬ事として、話を進めます。

 

痛みのランキングは大きい方から、電気熱源で毛穴に差し入れるニードルがダントツで、次いでレーザー、第三位がフラッシュ、最後はホーム用脱毛器の順です。

 

レーザーは正直、痛みやすい部類に加わります。ゴムをバシバシぶつけられるイメージで、連続だと涙腺が緩むかもしれないです。男性は特にガッシリした毛が寄り集まったパーツは痛覚が集中して刺激されるのを覚悟します。

 

耐え切る自信あり、とはいえども1回きりではないですし、行うのは全身脱毛なので範囲がたっぷりあるのを考えますと、なかなか侮れません。あまりに痛いと、肌奥が傷付けられる心配も生じ、効力維持したいからと我慢するのは、決して良くありません。我慢して肌を傷つけても無意味で、素直にスタッフに告げてパワーを落としてもらいます。

 

もっとも、体毛の勢いは回数をこなすごとに失われ、つられて痛みも萎んで行きますから、最初だけが大変ともいえます。初期時期が全身脱毛を成功させる正念場です。

 

冷たさをよく加えるのが痛みダウンへの早道です。エステは専ら有効成分で労わり、クリニックでは麻酔や薬を塗ったり、アイシングと同時に打てるレーザーを備え、色々軽減を考えてくれています。